オプション検査
検査項目一覧

放射線科部
リハビリテーション科部
薬剤部
栄養課


病院理念
 私たちは、気配りの行き届いた医療を実践し、みなさまの健康と尊厳をお守りします。
(平成30年12月1日制定)
基本方針
  1. 患者さんならびに職員の生きがいを尊重し、権利を擁護します。
  2. 患者さんのプライバシー保護に努めます。
  3. 高齢・認知症・難病等の患者さんに配慮致します。
  4. 医療社会事業を通じて、地域住民のみなさまの健康づくりを支援します。
  5. 「健診・救急・高齢者医療」を三本柱とし、地域の「保健・医療・福祉機関」との連携を推進します。
  6. 医療の質の向上と安全管理に努め、全人的医療をめざします。
  7. 医療記録を適正に管理し、規定にしたがって開示致します。
(平成30年12月1日改正)
 
基本方針の3に掲げた「難病」に関する解説

小野田赤十字病院は山口大学医学部附属病院(神経内科教室)を中心拠点病院とした難病医療ネットワークの主要メンバーであり、山口県内に5つある二次医療圏ごとに1施設ずつ指定されている「難病医療の中核病院」の1つです。
 山口大学医学部附属病院の神経内科専門医の協力を得ながら難病患者さんの治療を行っています。


 
対象となる代表的な疾患としてはパーキンソン病(およびパーキンソン病関連疾患)・筋萎縮性側索硬化症(ALS)・筋ジストロフィーなどの神経筋疾患をはじめ、他に、多発性硬化症などの中枢神経疾患や神経脱髄疾患など多岐にわたります。

 
難病の患者さんは長期の入院治療を強いられることが多く、高度急性期医療に特化した大学病院での長期入院が困難であることから、大学病院での急性期の診断や治療が終了した後に当院に転院して頂き、長期療養および治療を継続して実施することで、山口大学の後方支援病院としての重要な役割を担っています。ちなみに、当院療養病床の20%超の患者さんが脳神経内科関連の難病疾患で入院治療を受けておられます。

 
当院では病状の軽い患者さんのみならず、人工呼吸器管理を含めた長期の呼吸循環管理をはじめ、他院では対応が難しい患者さんの入院も積極的に受け入れています。
 またご希望により在宅での生活もサポートできるように在宅訪問診療をはじめ、訪問看護や介護施設などの手配も可能です。(近々院内に訪問看護ステーションも開設予定です。)
 ご質問などがございましたら下記メールアドレスから当院(副院長 佐藤智充)までご連絡ください。


小野田赤十字病院 副院長

佐藤 智充

tsato-ymg@umin.ac.jp

 
当院について
院長あいさつ
理念・基本方針
患者さんの権利
個人情報の保護方針
施設の概要
診療のご案内
診療科のご案内
外来受診のご案内
診療担当医表
診療部医師紹介
入院のご案内
健診・人間ドック
健康管理センター
各健診のご案内
オプション検査
検査項目一覧
部門紹介
看護部
検査部
放射線科部
リハビリテーション科部
薬剤部
栄養課
職員募集
広報誌ORC
総合相談センター・地域医療連携室
在宅介護支援センター
院内保育園「きらら」
老人保健施設 あんじゅ
各種公告
ホーム
フロアマップ
交通アクセス
お問い合わせ
小野田赤十字病院 〒756-0889 山口県山陽小野田市大字小野田3700番地
TEL:0836-88-0221 FAX:0836-88-2733
Copyright Japanese Red Cross Society Onoda Hospital. All Rights Reserved